バナー

海洋葬を業者に依頼するときの注意点

近年、死生観の多様化によって従来のお墓に納骨するよりも自然に還りたいという願望を持つ人々が増えています。

海に粉砕した遺骨を撒く「海洋葬(海洋散骨)」は、こうしたニーズに応える自然葬というスタイルの葬儀の一つで、現在では比較的リーズナブルな料金で散骨を請け負う業者もたくさんあります。

海洋葬を請け負う業者は、主に粉骨済みの遺骨をチャーターした船(クルーザー)で散骨ポイントまで運び、散骨をサポートするサービスを提供しています。

満足度の高い海洋葬を求める人にお勧めしたいサイトです。

基本的には火葬及び粉骨は自分で行うことなりますが、粉骨をオプション料金で提供している業者もあるので、粉骨が必要な場合にはこうした業者に依頼しましょう。

人気上昇中のwikipediaに対して関心度が高まっています。

海洋葬のプランは、船を一家族で貸し切って家族、親戚などの遺族のみで静かに故人を送る「個人散骨」、2組以上の遺族の代表者が同じ船に同乗して一緒に散骨を行う「合同散骨」、葬儀社のスタッフが遺族の代わりに散骨を行う「代行散骨(委託散骨)」の3種類があります。
代行散骨、合同散骨、個人散骨の順で料金が高くなりますが、代行散骨を依頼する際には大事な遺骨を預けることになるので、信頼のおける業者に依頼することが大切です。

ちなみに、代行散骨では散骨した場所(散骨した海域の緯度と経度)などを記載した散骨証明書を発行するとともに散骨したときの証拠写真を添付してくれるのが一般的なので、事前にきちんと業者に確認しておくと安心です。



なお、海洋葬を提供する業者(葬儀社)では、それぞれ散骨する海の場所(海域)をホームページに掲載してるので、散骨を依頼する業者を選ぶときには、どこの海に散骨するのかを事前に確認しておく必要があります。


一般に散骨する海域は業者によって決まっていますが、現在では複数の海域から自由に選べる業者もあるので、自分の好きな海への散骨を提供している業者を選ぶのもお勧めです。