バナー

これからも増え続けることが予想される永代供養とは

近年は少子化の進行や若者の地方離れにより、お墓の維持、管理が大きな問題となっています。
昔のように先祖代々のお墓を手入れし続けることが困難になっており、この事態は今後ますます深刻化することが予想されています。

そこで最近は寺院や霊園などさまざまな場所で、永代供養を掲げるところが増えてきました。



この永代供養とは、お墓の管理が難しい人に代わって、寺院など運営する側が管理と供養をおこなってくれるというものです。

永代供養のかたちは、各運営元によりさまざまです。


複数の遺骨を合祀した合祀墓や納骨廟、個人墓など、依頼者の希望を満たすいろいろな様式が用意されています。



また管理方法もそれぞれ違い、永年にわたって供養を続けるところもあれば、一定期間が経過すれば他の方の遺骨とともに合祀される場合もあります。

少子化などの問題は一気に解決する方法がないうえ、個人の価値観やライフスタイルも多様化する中で、お墓の維持、管理の問題はこれからも重要な問題として重くのしかかります。


ですが最近は寺院などで永代供養を取り扱うところが増えているうえ、異業種の企業も参入してきており、今後もこの分野でさまざまなサービスが展開されるでしょう。

宗派や宗教に囚われない施設も登場しているので、新しい供養の形として定着する可能性があります。

今よりもコトバンクについて知りたいならこのサイトです。

ただし永代供養にはお墓の改葬が必要だったり、価値観の違う親族とのトラブルが発生することもあります。まずは関係者としっかり話し合いをすることが大切です。