バナー

散骨をしたいときの方法とは

遺骨をそのまま山や海にばら撒く行為は死体遺棄罪に問われる可能性もあるため、散骨をしたいときには慎重に方法を検討しなければなりません。例えば散骨を自分の手で行いたいと考えた場合には、遺骨を人間の骨だと分からない程度に細かく砕いてから散骨したい場所まで運びましょう。山の場合は所有者の許可を取り、海の場合は漁業組合や自治体の許可を得る必要が生じることもあります。

自分の敷地内ならば問題ないと考える人も多いですが、未来永劫同じ土地に自分や家族が住み続けるという保証はどこにも無いため、住宅地のような場所を選ぶのは不適当でしょう。

そのため自分では難しいと判断した場合には専門業者に依頼するのもおすすめです。



専門業者ならば遺骨を預けて加工をしてもらったり、散骨に必要な許可や書類を取り揃えるのも容易です。


専門業者を選ぶときには慎重に行うことが重要です。



特に届出や資格が必要な職業ではないため、なかには悪質業者がいる可能性も充分にあります。
そのため見積もり依頼や問い合わせなど、何度もコンタクトをとって信頼に値する業者かどうかを判断する事が重要となります。

急いで契約を交わす必要は無いため、焦らずいくつかの候補を比較検討しながら費用の正当性や安心して遺骨を任せられるかどうかを確認すると良いでしょう。
散骨は近年人気が出てきた弔いの方法であるため、まだまだ発展途上だといえます。

wikipedia関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

インターネットでの情報収集が主となるため、信頼できる情報かどうかを冷静に判断する事が重要です。