バナー

少子化の現代、海洋葬も一案ではないでしょうか

現在は、田舎でも都会でも抱えている問題は同じだと思います。

先祖の墓地があっても、私たち夫婦はそこに収まることは、自然な形だと思いますが、墓地として残ってしまうと、次の世代がきちんと、供養してくれるのか疑問に思います。墓地として残さずに、自然の海に流す海洋葬はこれからの残される人々にとっても、許されることではないでしょうか。

これだけは知っておきたいAll Aboutの情報はココで集まります。

残された家族に、良くないことが起きた時、怪我が続いたとき、先祖の供養ができていないと、言われることがありますが、墓地が遠くにあるため、お墓参りに行かれない、また子孫が途切れてしまって、荒れたままになっているなど、都会に出た世代が新しく墓地を買うことも、また、今はIT社会で共同墓地もインターネットで、供養されているようです。

色々な供養の形を作り出してきている現代では、形に残さない海洋葬も一つの案として取り入れても良いと思います。



いつの日にか、限界集落になった時には、草木に荒らされて、墓石も倒れたままの荒れた土地、祖先の墓地として、残していくことよりは、河川からでも、また、余裕があれば、大海原に乗り出して、最後の形としての灰を、海洋葬として撒いて、形の残らないものを残すことも、残された人たちのためにもなるのではないでしょうか。



一つの案としてです。正直なところは、今までと同じように我が家の墓地に、お墓参りをして、両手を合わせてくれることが希望です。しかし、過去の魂に対して、今を生きるものが苦しめられるようなことがあるのならば、墓地という形として残さずに、海洋葬にしてしまうことが、我が子孫を守れることになるのではないでしょうか。