バナー

永代供養墓にするという選択

核家族化が進み、お墓を継承する子どもがいない、子どもや孫に迷惑を掛けたくない、負担を掛けたくないと考え、自然葬や永代供養墓にする選択をする方が増えてきています。


永代供養墓と言うのは、お寺で他の人と一緒に合祀し、永代にわたって供養をしてもらえるお墓のことで、一度料金を払えば後の供養の費用等は一切かかりません。



また過去の宗旨や宗派は問われないので、菩提寺を持たない方や、身寄りのない親族の納骨方法や場所について困っている方も利用しやすいでしょう。

ただし、遺骨の返却を行うことができなかったり、好きな場所に埋葬することが出来ないなどのデメリットな面もあります。


永代供養墓は、他の人と一緒に合祀されるので合祀墓とも呼ばれますが、納骨方法は、お寺によって様々です。

wikipediaの有益情報にあふれているサイトです。

例えば、初めから骨壷からお骨を出して一箇所にまとめて合祀する方法や、3回忌とか33回忌とか節目となる年数までは骨壷で安置して、その期間が経過した後に合祀する方法や、お骨を分骨して、一部分をある一定年数または永代安置して、残りを合祀にする方法などがあります。

月命日や年一回、月1回の供養、お彼岸やお盆の合同供養などお寺によって供養の方法は色々ありますが、永代に渡り供養していただけます。

子どもや孫の世代にまでお墓のことで負担や迷惑を掛けたくないという方や、お墓を継いでくれる子どもがいないと言う方、お墓参りをすることがなかなか出来ない方にとって、永代にわたってお寺で供養してもらえる永代供養墓というのはとても安心なシステムです。